水回りのリフォーム費用の相場

古くなった水回りを変えよう

どこをリフォームするか決めよう

これまでのキッチンが使いにくいと感じたり、汚れが目立ったりした場合はリフォームをするのがおすすめです。 50万円から、100万円ほどがあればリフォームができます。 便利な設備を搭載することで、キッチンでの作業が楽になります。 料理がはかどるように、リフォームをしましょう。

おすすめリンク

フロアコーティングの業者

フロアコーティングをしてくれる業者をピックアップしました。業者選びの参考にしてみてください。

リフォームのタイミング

汚くなったら、リフォームをするタイミングだと思ってください。 浴室は湿気が籠りやすく、カビが生えやすいです。 浴室をリフォームする際は、どのくらいの費用が必要なのか調べましょう。 特殊な設備を搭載する時は、当然費用が高くなります。 予算を超えないよう、計画を考えましょう。

比較的安く済む部分

トイレのリフォーム費用は、どの便器を選択するかによって変わります。 基本的な便器を選択した場合は安く済みますが、機能性の高い便器を選択したり、部屋全体をリフォームする際は費用が高くなります。 費用が高くなると、工事の期間も長くなると覚えておきましょう。

キッチンの設備を整えよう

キッチンのリフォームをするためには、最低でも50万円ほどが必要です。
50万円があれば、最低限のリフォームはできると言われています。
ですが選択できる機能や、素材が少ない数に限られます。
自由なリフォームを目指すなら、もう少し費用を用意した方が良いでしょう。
キッチンに、食洗器や収納スペースを増やす人が多いです。
どのようなリフォームをしたら、もっと使いやすいキッチンになるのか考えましょう。
必要な機能だけ搭載することが、費用を抑えるコツです。

浴室は70万円ぐらいが相場です。
シャワーヘッドを交換するぐらいなら数万円でできますが、ジェットバスやミストサウナなどの設備を搭載するともっと費用が必要になります。
水回りはカビが発生しやすく、住宅の中でも劣化しやすい部分だと言われています。
住宅を建設して、時間が経過したら頻繁に水回りをチェックしてください。
汚れが目立っていたらリフォームのタイミングです。

トイレは、工事する範囲が狭いので安くリフォームできる部分です。
しかしどのような便座を選択するかによって費用が変わるので、便座の種類を確認しましょう。
トイレは日常的に使う場所です。
使えない期間が長くなったら困るので、できるだけ早く工事を終わらせてもらいましょう。
優秀な業者に依頼すれば、早く工事が終了します。
またそのような業者のスタッフは相談に応じてくれることが多いので、リフォームで困ったことがあれば相談しましょう。